不動産の登記は司法書士に


■ 適切な処理を行なうために

遺言の相続、遺言の実行、それに関わる税金、名義変更などは、法的な手続きが必要です。
ですから、自分だけの判断で不適切な処理になってしまったら大変です。
そんなときに力を貸してくれるのが専門家です。
正式に依頼する前に、とりあえず相談にのってもらうのが得策です。
相談するときは、関係資料を整え、質問事項をメモしておくと効率よく話が進みます。

 

■ 不動産関連の書類作成は司法書士

登記所(法務局)、裁判所、検察庁に提出する書類の作成と代行が司法書士の主な仕事です。
特に不動産の手続きはとても複雑ですから、司法書士に依頼するとよいでしょう。

 

■ 司法書士に依頼できる主な業務

依頼できる主な業務としては、

○ 相続完了後の相続財産の登記 ○

○ 売買契約・賃貸契約書の作成 ○

○ 会社の承継の登記 ○

○ 裁判所慣例の書類[訴状・答弁書・申立書]の作成と手続き ○


                           などです。

 

■ 司法書士に依頼するとき

司法書士は、司法書士事務所の看板を掲げている事務所を訪ねて、仕事を依頼することが可能です。
実際に話をしてみて信頼がおけそうだと思い、依頼をする場合には、
費用や報酬について、いくらかかるのかを事前に聞いておくことが大事です。