故人の預貯金の引き出し方


■ 故人の預金は相続人全員のものです

葬儀では急な出費が多く、故人の口座から現金を引き出しに行くこともあると思います。
しかし、名義人の死亡時点から預貯金は法的に「遺産」となり、相続人全員の財産になります。
そのため、相続でもめないよう名義人の死亡を告げ、手続きをしてから引き出すことになります。

 

■ 故人の預貯金は、金融機関が知った時点で凍結されます

金融機関は名義人の死亡を知ると、預貯金の口座取引を停止します。
すると、窓口でもキャッシュカードでも現金を引き出せなくなり、
公共料金なども引き落とされなくなります。
 凍結された預貯金から現金を引き出すときには、
故人の戸(除)籍謄本、相続人全員の印鑑証明、遺産分割協議書などを添えて、
その金融機関で手続きをします。
手続き方法や必要書類は、各金融機関によって異なるので、お問い合わせください。

 

■ 葬儀費用としてある程度の額は引き出せる

しかし、葬儀は予期せぬことでもあり、すぐに現金が必要なことも多いので
金融機関に申し出ると、葬儀費用としてある程度の額は
窓口で引き出しに応じてくれることが多いようです。
詳しくは、各金融機関にお問い合わせください。